NTT西日本東日本代理店 ベストリンク株式会社【代理店コード:1016490870】〒163-1305 東京都新宿区西新宿6-5-1

ヒカリ電話ドットコムが送るひかり電話お役立ち情報 ひかり電話やフレッツ光の悩みも解決!!

2015年7月の記事

2015-07-24(金)16:02

電話加入権は買うべき?所有するメリットとは

電話加入権は買うべき?所有するメリットとは

「電話加入権」という言葉をご存知ですか?電話を新設する際など、知っておくと役立つはずです。

電話加入権とは

電話加入権とは、電話回線を使用する際に必要な権利のことを言います。電話回線の新たな設置を申し込む場合、電話インフラを整備するために必要になる資金である施設設置負担金の一部を加入者が負担することによって与えられる権利であり、いわゆる「電話加入権」のことを指します。電話加入権というのは俗称であり正式名称はとくに定められていませんが、NTTグループも施設設備負担金を支払った後については電話加入権という言葉を一般的に使用しています。

施設設置負担金制度とは

施設設置負担金とは、電話インフラを整備する際に必要な資金の一部を加入者が負担する制度です。これを支払うことで電話に加入する権利、いわゆる「電話加入権」が与えられます。
電話が広く一般家庭に普及してきた1890年代には、当初は電話加入権の概念はなく無料で電話回線が設置することができました。しかし、電話交換規則が制定されるとともに加入登記料制度が発足し、これが「電話加入権」のはじまりとされています。負担金制度はもともと、戦後復興期に電電公社(当時)が電信柱や電話線などの電話通信網や、インフラ整備をしていた際、自己資金による整備では追いつかなかったために、加入者に負担の一部を求めたものがはじまりでした。ただ、現在ではインフラ整備も整いその役目を終えつつあることから、施設設置負担金制度を廃止すべきという議論もあります。

加入権は買うべきか

「加入電話・ライトプラン」は、利用できるサービスに違いはありませんが、電話加入権の初期費用がかからない分、基本料金が割高になり「加入電話」と比べると割高になります。加入権を購入すると基本料金を月々262.2円安くできるというメリットがあります。

「加入電話・ライトプラン」を現在利用している人でも、あとから電話加入権を入手して使用することができ、ご家族などの休止中の加入権を名義変更し利用すれば基本料金が安くなります。また、電話加入権を持っていない場合、加入権を新たに購入することで毎月の基本料金を抑えることも可能です。最近では加入権が格安で売られていることも多く、それを利用する手段もあります。例えば電話加入権を3,150円で購入した場合、約12ヶ月で元が取れる計算となり、1年以上電話を利用するのであれば電話加入権を購入したほうがお得だと言えそうです。

2015-07-14(火)16:11

ネット環境を快適にしよう!フレッツ光ネクストのメリット

 ネット環境を快適にしよう!

ネット環境を快適にしよう!フレッツ光ネクストのメリット

最大1Gbpsで快適なネット利用ができる「フレッツ光ネクスト」。今回はそのサービス紹介とよく混同されがちな「フレッツ光ライト」との違いを解説します。

フレッツ光ネクストとは

“フレッツ光ネクストはNTTが提供する光回線のインターネットサービスのことです。最大100Mbps/最大200Mbps、ギガタイプの場合は最大概ね1Gbps(技術規格上の最大値)といった、業界ではかなり優秀な速度を誇ります。ホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)と無線LANカードがレンタル提供されるため、戸内でのWi-Fiの利用が可能(5GHz帯:IEEE 802.11a/n/acと.4GHz帯:IEEE 802.11b/g/nのWi-Fi規格に対応、レンタルなしのプランもあり)です。フレッツ光ネクストは戸建てと集合住宅(同じ建物に4戸以上)によって料金が異なります。

戸建て(3戸以下)

各戸に電柱から住宅の外壁に光回線を引き込む工事を行います。そのため、初期費用は契約料800円に加え、工事費用として18,000円がかかります。フレッツ光の月額基本料金は「ギガファミリー・スマートタイプ」で5,700円。2年契約やキャンペーンの利用により最大1,100円が割り引かれます。

集合住宅(4戸以上)

集合住宅の共用スペースに光回線を引き込み、建物内の配線を利用して各戸まで回線を引き込みます。初期費用として契約料800円と工事費用15,000が必要です。フレッツ光の月額利用料は同じ建物内の契約戸数によって変わります。契約数が16未満の場合はプラン1、16以上がプラン2となり、タイプ2の方が利用料金が割安です。フレッツ光の月額利用料は「ギガマンション・スマートタイプ」のプラン1が3,350円、プラン2が3,750円となります。

フレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの違い

フレッツ光ネクストは定額制の料金プランです。インターネットをどれだけ利用しても同じ料金なので利用時間を気にせずに利用できます。それに対し、フレッツ光ライトはインターネットの通信量に応じて月額利用料が変わる2段階定額制の料金プランです。基本料金が低く設定されているため、メール中心のようなインターネットの利用が少ない人に向いています。インターネットを使った分に応じて料金が変わりますが、たとえインターネットの利用量が増えても、最大料金が決まっているのため安心です。

2015-07-03(金)19:25

光回線の値段はいくら?フレッツ光の料金まとめ

フレッツ光の料金について

フレッツ光の利用には初期費用と月額費用がかかります。初期費用は契約料800円と初期工事費が18,000円(集合住宅は15,000円)。月額費用はフレッツ光の月額利用料+プロバイダ料金となります。フレッツ光の月額利用料は以下の通りです。
■フレッツ 光ネクスト[戸建て]
ギガファミリー・スマートタイプが5,700円、ファミリー・ギガラインタイプが5,400円、フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプが5,200円。2年契約で適用される「2年割(-700円)」と、月々のマンスリーポイント(100円/月)を利用すると最大800円の割引が可能です。また、ギガファミリー・スマートタイプは「ギガ推し!キャンペーン」が適用され、30ヶ月間はさらに300円割引されます。
■フレッツ 光ネクスト[集合住宅]
同じ建物の契約戸数によってプランが異なります。契約数が16以上のプラン2の月額利用料は、ギガマンション・スマートタイプが3,350円、マンション・ギガラインタイプが3,050円、フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプが2,850円です。契約数が16未満ではこれより400円高くなります。集合住宅タイプの割引額は「2年割」の100円、「ギガ推し!キャンペーン」が200円です。
■フレッツ 光ライト
基本料金は、戸建てタイプが2,800円(上限料金5,800円)、集合住宅タイプが2,000円(上限料金4,000円)。戸建てタイプで2年契約の場合は「フレッツ 光ライト もっとライトに!割引(2年間割引)」で500円の割引が適用されます。
■ひかり電話
ひかり電話を利用する場合は初期費用として工事費が4,000円。月額利用料は基本料金500円に対応機器利用料(プランによって異なる)がかかります。オプションや通話料がセットになったプランもあります。
■無線LANカード
ひかり電話を新規に利用する場合は無線LANカードのレンタル料金は月300円です。(フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ以外)

他社からフレッツ光への乗り換え費用について

フレッツ・ASDLもしくはNTT東日本以外の光回線からフレッツ光回線に乗り換える場合、乗り換え自体の料金は発生しません。ただし、全契約の内容によっては違約金が発生することがあります。ひかり電話をすでに利用している場合は工事費として8,900円が必要です。

カンタンお見積り・お問い合わせ!
  • お見積り

通話料無料!24時間全国対応しております。

ひかり電話やフレッツ光に関する

ヒカリ電話ドットコムがお客様の様々な疑問・質問に親切・丁寧にお応えします。

ヒカリ電話ドットコムのWEBサイトへGO!
  • 通話無料24時間受付・ 新規お申し込み・ 乗り換え相談
  • お申し込み
  • カンタンお見積もり
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
カンタンお見積り・お問い合わせ!
  • お見積り

通話料無料!24時間全国対応しております。

全国ラクラクお申し込み お申込みや乗り換え相談・料金プランのご確認などお気軽に
携帯・PHSもOK/24時間受付可能
メールでのお見積もり・お問い合わせ
スピードお見積り
すでに契約中のお客様はこちら

ページTOP