NTT西日本東日本代理店 ベストリンク株式会社【代理店コード:1016490870】〒163-1305 東京都新宿区西新宿6-5-1

ヒカリ電話ドットコムが送るひかり電話お役立ち情報 ひかり電話やフレッツ光の悩みも解決!!

2016年1月の記事

2016-01-13(水)17:50

フレッツ光の代理店選びポイント

 フレッツ光の代理店選びポイント

NTT東日本/西日本の「フレッツ光」を扱う代理店は多すぎて、いったいどこで入れればいいか分からないというご相談をよく聞きます、せっかくネットを契約するのなら、少しでも得をしたいのは当然ですよね。ここでは、そんなフレッツ光の代理店を選ぶポイントをコッソリ教えちゃいます。

フレッツ光で高額のキャッシュバックがあるのはネット代理店

フレッツ光のキャッシュバックはNTT東日本/西日本から受けられるのではなく、取り扱う代理店から還元されるものになります。フレッツ光を取り扱う代理店は数多くありますが、ほとんどの方は違いなどが分からないため、どこでもいいと思っているかもしれません。実際、結局どこで契約しても同じフレッツ光ということになります。つまり、同じようなサービスに対して他社と差別化を図るための対策がキャッシュバックキャンペーンなどになります。
そういう背景もあるので、どこで入っても同じと考えるのは間違いと言わざるを得ません。代理店によっては数万円もお得になることがありますので、キャッシュバックが多い代理店を探すことが大事になってきます。結論から申しますと、フレッツ光以外でも同じことが言えますが、ネット代理店から申し込むのが一番お得なのです。理由は営業によるコストが少額で済んでいるためです。例えば家電量販店など実在店舗がある代理店では、その維持費や人件費が発生するのでキャッシュバックできる額にも限度があります。しかし、ネット代理店は家賃も必要なく人件費も大幅に削減できるので、その分を顧客へのキャッシュバックに使えるのです。

代理店選びのコツとは?

数万円単位のキャッシュバックを謳うネット代理店を良く見かけますが、それだけの高額キャッシュバックには条件が発生することを覚えておきましょう。それは追加オプションに加入する必要があるということです。例えば、加入してもすぐに解約でき、機材などを取り外せるなら手間がかからずに済みますが、代理店によってはモバイルルーターなどを別途で契約する必要がある場合もあります。こういった場合は、月額の利用料が別に発生しますし、解約時には多額の違約金も発生してしまう場合もあります。特に必要ないオプション内容がある時は、高額キャッシュバックに惑わされずに他の代理店を選ぶようにしましょう。また、追加オプションがいっさい必要ない場合も多いので、後々オプションを外すくらいなら、最初からオプションなしの代理店を選んだほうが、キャッシュバックが少なくてもお得になる場合が多いのです。

2016-01-11(月)08:00

失敗しない固定電話のサービス選び

各通信事業者やその販売代理店などは、ひかり電話などIP電話サービスの登場で営業活動に積極的になっているようです。そうした営業担当者があなたの会社に来た場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。当然、旧来型の固定電話からNTT東日本/西日本のひかり電話に変えるのは必要なことではあります。ただ、無駄なコストを使わずにお得に済ませるためには、どこの業者にお願いするかも重要なことになってくるのです。

使えるADSLサービスが限られるというのはウソ?

固定電話のアナログ回線を使っている企業の場合、音声通信とデータ通信を同じ回線に統合することで、コスト削減や設備のシンプル化を図ることができるという謳い文句で、ADSLの利用が可能な直収電話サービスを進められるケースがあります。しかし、小さなオフィスでは今までデータ通信で使用してきたADSLが利用できないということがあります。また、プロバイダーなども変更しなければならないということもあり、WEBサーバーやメールサーバーの設定変更など、意図しない手間が生じることも起こりえます。
こういった直収電話サービスは、電話局とユーザーを結ぶ銅線の管理がNTT東日本/西日本から他の通信事業者に変わってしまうので、事業者によっては今まで使っていたADSLサービスやプロバイダーなどを変更しなければならない場合があります。このケースの場合は、新たにフレッツ光へ移行してひかり電話を一緒に契約することがオススメです。

電話機器の買い替えを勧められるケースも

IP電話サービスは、一般の固定電話に比べて通話料が格安になるという営業トークを、よく耳にしますよね。あなたの会社の通信ランニングコストを劇的に削減できるという説明は、あながち間違いではありません。しかし、業者によってはIP電話やひかり電話に変わるために、既存の電話機は使えなくなるので電話機などを同時に購入しなければならないといった話をされます。その通りにすると、予想以上にIP電話やひかり電話の初期導入コストが発生してしまい、コストダウンどころかコストアップという笑えない結果になってしまいます。実際は現在の電話機などの設備に少し機材を追加をすることで対応できることも多いのです。こういった営業を受けた場合は、即決を避けて複数の事業者に話を聞くことといった対策が必要になります。

カンタンお見積り・お問い合わせ!
  • お見積り

通話料無料!24時間全国対応しております。

ひかり電話やフレッツ光に関する

ヒカリ電話ドットコムがお客様の様々な疑問・質問に親切・丁寧にお応えします。

ヒカリ電話ドットコムのWEBサイトへGO!
  • 通話無料24時間受付・ 新規お申し込み・ 乗り換え相談
  • お申し込み
  • カンタンお見積もり
カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
カンタンお見積り・お問い合わせ!
  • お見積り

通話料無料!24時間全国対応しております。

全国ラクラクお申し込み お申込みや乗り換え相談・料金プランのご確認などお気軽に
携帯・PHSもOK/24時間受付可能
メールでのお見積もり・お問い合わせ
スピードお見積り
すでに契約中のお客様はこちら

ページTOP